スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.04.23 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    奇跡への軌跡

    0

      突然、初夏のような陽射しになって来た

      今日このごろの富良野盆地です。

       

      昨日(4月22日)も晴天

      気持ちの良い、晴れやかな日に

      上富良野町公民館で

      富良野GROUPの森上千絵さん、久保隆徳さんが

      三浦綾子記念文学館の難波事務局長とご一緒に

      小説「泥流地帯」「続・泥流地帯」の朗読ライブに

      ご出演されました。

       

       

      日曜日の昼下り

      まったりとしたい時間にも関わらず

      約200名の方がご来場され

      会場を埋め尽くしました。

       

      「泥流地帯」「続・泥流地帯」は

      三浦文学を代表する長編小説の一つであり

      長編の中で、映像化されていない唯一の作品です。

       

      上富良野町を中心に

      大正15年に起こった十勝岳大噴火の出来事を縦糸に

      当時の開拓民の苦労と青春を横糸に

      編み込まれた作品は

      どの場面を切り取っても、心が感動に満たされる

      珠玉の長編小説です。

       

       

      登場人物も多く

      文学館でのボランティアさんご出演時

      朗読ライブでは、最低6人の方がご出演されるそうです。

      今回、森上さん、久保さんには

      合わせて9役を読み分けていただきました。

      辛い場面や、前を向いて歩きだす覚悟のシーンなど

      渾身のセリフに

      涙を拭う方々が数多く見受けられました。

       

      約45分の発表でしたが、物語にどんどん引き込まれ

      あっという間に終了!

       

       

      この後は、

      音と映像で十勝岳連峰の噴火から現在までを振り返るコーナー、

      噴火で壊滅的な被害に遭った日新尋常小学校の校歌を

      町の混声合唱団の皆さんによる斉唱で拝聴しました。

       

      上富良野町は、

      三重県からの移住者が

      石ころだらけの不毛の土地を開拓して120年

       

      血の滲むような努力の開墾でようやく農業が始まって時

      大噴火ですべてが失われてから92年

      上富良野町の奇跡の軌跡!

      その歴史をベースとした三浦文学を

      映像化で、100年、200年後の未来に残して行きたい!

      という想いに溢れた一日となりました。

       

       

       


      森上千絵さん、久保隆徳さんの朗読ライブ

      0

        本日(4月21日)14:00〜

        富良野演劇工場では

        倉本聰プライベートライブラリー

        「富良野やすらぎの刻」が開催されます。

        TVドラマの伝説の一つ「前略、おふくろ様」の制作秘話が

        40年以上の時を経て、

        倉本先生が自ら語ります。開始は14:00〜

        ご入場はまだ可能ですので

        お立ち寄りになれる方はぜひお越しください。

        お電話でご一報いただければ幸いです。

        筺0167-39-0333

         

        さて、明日は

        上富良野町の公民館で富良野GROUPの

        森上千絵さん、久保隆徳さんがご出演される

        朗読ライブ「泥流地帯」が開催されます。

        4月22日(日)15:00〜

        上富良野町公民館 大ホール

        無料

        お問合せ0167-45-6994(上富良野町役場 企画商工課)

         

        富良野にある富良野演劇工場から

        国道237号線を北へ走って約60キロメートル

        旭川出身の国民的女流作家

        三浦綾子さんの拠点があります。

         

        三浦綾子記念文学館

         

        2018年の今年、創設20年を迎えた文学館は

        三浦綾子さんが亡くなってからも

        作品、生涯を次の世代に語り継ごうという「愛」に溢れた場所です。

        富良野演劇工場とは

        一昨年から、上富良野町の後藤純男美術館と共に

        3館連携で芸術・文化切り口にしたプロモーションを展開しています。

         

        その一環で行われるのが

        三浦綾子著『泥流地帯』『続・泥流地帯』の朗読ライブです。

         

         

        物語は大正15年に実際に起こった

        十勝岳連大噴火で被災した上富良野町を舞台に

        大災害に見舞われた町と

        そこに暮らす人々の生き様を

        三浦綾子自身が丁寧に取材をして

        フィクションとしてまとめ上げた

        三浦文学の代表作の一つです。

         

        現在、この作品を上富良野町の有志が中心となり

        映画化に向けて活動が行われています。

        このシンポジウムはその機運を高める一環として

        開催されます。

         

        上富良野町民の方はもちろんのこと

        どなたでも参加することが可能です。

        「泥流地帯」の朗読ライブは

        昨年度、森上、久保コンビで2回実演され

        その迫力ある台詞が

        ご観覧の皆さんの感動を呼びました。

        今回は、過去の約2倍、45分以上のロングバージョンで

        お届けします。

        是非、ご期待ください。

         

         

         

         

         

         


        「前略おふくろ様」制作裏話

        0

          4月に新年度が始まって

          やっと今日から気温がぐんぐん上がってきそうです。

          日中は東京よりも高くなりそう。

          あちこちに残っていた演劇工場の残雪も

          ようやく、今週で消えてしまいそうです。さようなら…

           

          さて、昨年からスタートした

          倉本聰プライベートライブラリー「富良野やすらぎの刻(とき)」

          新年度の一回目は今週土曜日の4月21日(土)14:00〜

           

           

          語って頂くお話しは前回に引き続き

          『前略おふくろ様』(1975年〜1977年日本テレビ系列で放送)

          東京下町の板前とその周辺の人々との触れ合いを描いた大人気ドラマで
          青春時代の忘れられないドラマとして、ご記憶の方も多いはず。

          3月の「やすらぎの刻」では

          40年以上も前の放映にも関わらず

          倉本先生から

          語り尽くせぬほどの裏話が飛び出し

          そのパート2として4月も取り上げていただけるようです。

          社会現象ともなった大人気ドラマを

          ご存じの方も、そうでない方も
          お楽しみいただけること間違いなしです。

          入場料金は無料ですが事前の簍縮鵑鷲要です。
          お早めにどうぞ
          筺0167-39-0333
          詳しくは
          http://www.furano.ne.jp/engeki/

           

           


          年度末、頑張りどころです

          0

            3月入ってから特に感じる事は、暖かくなったことと日が長くなったことです

            特に日の入りがだいぶ遅くなりましたねぇ

             

            こんにちは、K坊です

             

            春が近づいてますねぇ

            今年こそは花見に行きたいです

            一人でお酒とご飯と小説でも持参して、暖かい光と桜を見つつ、ゆったりしたいです

            まぁK坊は花粉症なんで春に外出したら呼吸困難になるんですけどね!

            それでも出かけます、桜見たいですから!

            先日、冬に買ったMTBを整備しました

            春に向けて万全な状態で乗りたいですからね

            朝一番にチェーンを洗浄し、パーツの錆を磨いて、埃や泥を綺麗にして…

            チェーンが乾いたらオイルをさして、ピカピカの状態で自室に置いてます

            あとはスタンドとベルとライト類、バーエンドバーを付ければ完成です

            コダワリが詰まってます、これで旭川まで走ってやろうと考えてます

            春が楽しみです

             

            はい、本題です

            『やすらぎの刻』のお知らせです

            来月以降の開催が決定したことはちょっと前にもお伝えしました

            より詳細な情報が決定しましたので、お知らせします

            はい、これが全てです

            この表に全部の情報が詰まっております

            基本的に週末に行われる予定ですね、各日程の内容は未定です

            流れはいつもと変わらず、資料を見てからトークといった流れですね

            要予約の公演ですので、予約を忘れずにお願いします!

            はい、もう全部伝えました

            演劇工場の3月の貸館や事業は全部終了しました

            後は来年度の公演になります

            何があるのかはホームページとFacebookをこまめにチェックしてみると良いかもしれません

             

            今年度も残りわずか、次年度はどんな一年になるのか楽しみです

            事故や怪我、病気に気を付けて過ごしたいですね

            以上、K坊でした!


            春間近、油断せずに…

            0

              日に日に春に近づいております

              熊本にいる友人からは桜の便りがLINEで届きました

               

              こんにちは、K坊です

               

              昨日とか一昨日とか暖かかったですねぇ、除氷が捗りました

              捗るのは良いんですけど、やりすぎて手の平が寒さと乾燥でカサカサです

              なんならカサカサどころか若干痛いです、ひび割れみたいな感じです

              手袋しないK坊が全面的に悪いんですけど、手袋してやるとすっぽ抜けそうで怖いので絶対しません

              地面が出てくると自転車に乗る人も増えそうですね、運転してると怖くて仕方ないです

              Vブレーキならブレーキ効かなくなることもありますし、下手すれば雪の段差で投げ出されることもあります

              この目で友人が飛び出すのを見たことがあります、怪我は無かったんですけどね

              凍ったカーブでブレーキ効かなくて、バランス崩したまま段差に突入、そして投身、雪原へダイブ…

              びっくりするほど美しい流れでした、これが車道だったらと考えると胃がキュッてなります

              絶対徒歩で行く方が安全ですから…春になってから自転車乗りましょう

               

              さて、本題です

              本日の14時より『やすらぎの刻』を予定しております

              内容は、『前略、おふくろ様』についてとなります

              料金は無料ですが、要予約となります

              入場無料なのに、なぜ要予約なのかといいますと

              当日の混乱を避けるためですね、これが意外と大切なんです

              ですので、忘れずにご予約をお願いします

              本日は気温も上がりそうです、工場周辺の道路や駐車場入り口がシャバシャバになると思います

              間違いなく滑ったりハンドル取られたりすると思いますので、安全第一でお願いします

              運転が上手な人は、周りへの配慮も忘れない人だと思います

              あとですね、駐車する時にK坊をはじめとするスタッフが誘導するんですが、声を聞いてほしいんです

              冬場は雪が音を吸収しちゃうんです、それに加えて車の窓を通すともうほぼ聞こえません

              実はちょいちょい危ない時があるんです、誘導しても見えず聞こえずでは意味がなくなっちゃいます

              5センチで良いので、窓を開けて声を聞けるようにご協力をお願いします

              以上、K坊でした!


              | 1/63PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              30      
              << September 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM